『維新と興亜』第13号 | 『維新と興亜』 道義国家日本を再建する言論誌

1/1

『維新と興亜』第13号

¥715 税込

別途送料がかかります。送料 ¥180

『維新と興亜』第13号
【緊急特集】参院選 議席を狙う保守政党徹底比較 わが党こそが真の保守(維新)政党だ!
 戦後体制を強化した安倍政権(魚谷哲央)
 新しい国際秩序を日本が構築するべきだ(神谷宗幣)
 政府の赤字はみんなの黒字(安藤 裕)
 主権を踏みにじられても黙っているのか(小林興起)
 国際金融資本を支える賭博経済を撲滅する(木原功仁哉)
 反グローバリズムを第一に掲げる理由(黒川敦彦)
 現代の「玄洋社」を目指す(鈴木信行)
 外国企業への公共インフラ売却は売国的行為だ(中村和弘)
 日本の政治は日本人だけで(原田陽子)
 10党の政策徹底比較(アンケート結果)
【特集】自民改憲案の落とし穴 帝国憲法復元改正論を再考せよ!
 まず前文全体を削除せよ(原 嘉陽)
 『美しい日本の憲法』という前に、正しい日本語の憲法を(一)─おでこに書かれたアメリカ製の文字(慶野義雄)

【巻頭言】北米局長に問う「それでもあなたは日本人なのか」(坪内隆彦)
【時論】参院選以前に、参議院は必要なのか(折本龍則)
【時論】デジタル化でまた国民資産が売られていく!(小野耕資)

【新連載】保田與重郎から読み解く維新の源流 ① 明治維新の歴史的意義(倉橋 昇)
天皇を戴く国 ⑤「八紘為宇」の母体(西村眞悟)
片山杜秀の素朴な「西田哲学」批判を読む(山崎行太郎)
藤田東湖と『弘道館記述義』(折本龍則)
英霊顕彰プロジェクト2作目を公開!(鈴木田遵澄)
「維新」としての世界最終戦  現代に甦る石原莞爾 ④─世界の統一原理たるのは、東洋の王道か?西洋の覇道か?(金子宗德)
高風無窮(三)至徳要道の行(森田忠明)
愛郷心序説 ⑨ 「貨幣束縛の解放」貨幣支配から自然、人間の解放へ!!(杉本延博)
三島由紀夫と国体論(玉川博己)
いにしへのうたびと 第五回 大伴家持の美意識と苦悩 下(玉川可奈子)
在宅医療から見えてくるもの─西洋近代文明の陥穽とその超克 ⑥ 目では見えない大事なもの(福山耕治)
竹下登論 ② 調整型社会の実現が必要だ(続)(田口仁)
【書評】鈴木宣弘『協同組合と農業経済』(評者:小野耕資)
活動報告
読者の声
編集後記

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥715 税込

最近チェックした商品
    その他の商品